女性用育毛剤と女性

育毛剤というと男性のイメージがありますが、今続々と女性も使える育毛剤が増えてきています。男性が使う育毛剤と女性用の育毛剤には配合している成分が異なります。薄毛や髪のボリュームが気になった女性必見です!

AGAになりやすい人は?原因と予防法

AGAになる根本的な原因はDHTと呼ばれるヘアサイクルを乱すホルモンの増加です。
DHTはテストステロンと5α還元酵素が結合することで誕生する悪玉のホルモンであり、強力な脱毛促進作用を持っているのが特徴です。
ヘアサイクルが大きく乱された状態ですから健全な髪が生えにくくなり、どんどん薄毛の症状をひどくしていってしまいます。

DHTの原因になっているテストステロンも5α還元酵素も誰しも備えているものですから、男性なら誰でもAGAになってしまう可能性があります。
しかしながらAGAが発症しやすい人がいる一方で、発症しにくい人もおり、また、発症したとしても症状は人によって異なります。
これは症状に差異を生む原因があることを示しているのですが、その原因のひとつとして挙げられるのが遺伝です。

AGAの影響を受けるのは、男性ホルモン受容体という物質も大きく関係しており、この受容体の程度は遺伝によって左右されるとも言われています。
つまり男性ホルモン受容体が強力な体質ですと、DHTの影響も受けやすくなってしまいますので、それによって薄毛の症状も顕著に出やすくなってしまうのです。
ですから同じAGAでも人によって違いが見られ、分かりやすく薄毛になる人もいれば、発症をしてもあまり症状が目立たない人もいます。

なお、男性ホルモン受容体の程度は母方の遺伝子によって決まると言われています。
ただし女性には、女性ホルモンという薄毛になりにくくするための強力なガードが存在していますので、母親が薄毛ではないからと安心することはできません。

判断をするポイントとしては母方の父、つまり祖父の状態を参考にすることができます。
薄毛は隔世遺伝をしますので、もし祖父が薄毛になっている場合は、自らも薄毛のリスクを備えていると判断することができるのです。
ただ、AGAの原因でもあるDHTの程度や食事内容などのライフスタイルも薄毛リスクに関わってくるため、遺伝だけを判断の目安にすることもできません。

AGAの予防方法

AGAはDHAや男性ホルモン受容体が大きくかかわってきますが、原因はそれだけはありません。
その他にも関連要因が存在しますので、そちらの方への対策をすることで予防をすることも可能です。

予防の基本としてはバランスの良い食事を心がけることです。
髪の毛はAGAとは関係なしに栄養が不足状態ですと弱くなってしまいます。
栄養があってこその髪の成長ですので、普段からバランスの悪い食事をしている人は注意が必要と言えるでしょう。
特にタンパク質は髪を作るための欠かせない栄養素のため、意識的に摂取することが大切です。
ただ、食事はバランスが大事ですので、特定の栄養ばかりを意識するのも良くありません。

睡眠を十分に取るのも大切な予防法です。
眠っている時に髪が育ちやすくなるため、睡眠の質で髪の状態が左右されるのも自然なことと言えます。
ところが睡眠不足や睡眠の質が良くない人も少なくありません。
それでは薄毛リスクが高くなってしまうのも無理はなく、髪のためには良質な睡眠を確保するのが予防の基本ですので、生活リズムを改善することが大切です。

運動を心がけるのも予防として有効です。
体を動かすことでストレスの発散や血行の促進などの効果を得ることができ、これらは髪の成長にも関係してくる要素とされています。
一方で運動不足ですと髪の成長が悪くなりがちであり、そして現代人には運動不足の人が少なくありません。
ですから薄毛予防の一環として、意識的に運動をする習慣を持つことも必要と言えます。

食事や睡眠、運動は予防の基本でもありますので、改善を心がけることが大切です。
これらに乱れがあることでAGAのリスクが高くなり、症状もひどくなりやすくなってしまうため、真っ先に対策をしたい部分とも言えるでしょう。