女性用育毛剤と女性

育毛剤というと男性のイメージがありますが、今続々と女性も使える育毛剤が増えてきています。男性が使う育毛剤と女性用の育毛剤には配合している成分が異なります。薄毛や髪のボリュームが気になった女性必見です!

育毛剤リアップの副作用には気をつけたほうがいい

自宅で育毛対策を行うのなら、育毛剤が便利です。
最近では種類も豊富になっていますので、選ぶのにもそれほど苦労しません。
育毛剤にリアップという商品がありますが、この商品は薄毛を気にしている人ならほとんどが耳にしたことがあるほど有名であり、効果も高いといわれています。
リアップは大正製薬が販売している育毛剤であり、シリーズで売られている珍しいタイプです。

もっともオーソドックスなリアップは、発毛させることのできる商品として広く利用されています。
なぜ発毛が見られるのかというと、有効成分としてミノキシジルが配合されているからです。
ミノキシジルはクリニックで行われている薄毛治療でもよく利用されるものであり、AGAにも高い効果を発揮します。
健康な髪の毛を育みながら抜け毛を予防したい人に最適の商品であり、ロングセラーになっています。

リアッププラスもミノキシジルが配合されている点は同じですが、痒みを抑えたり頭皮環境を整える成分が含まれている点で異なります。
頭皮が刺激を受けやすい人、たびたび起こる痒みに悩まされている人などにおすすめであり、肌が弱い人が利用するのも良いようです。

リアッププラスと同じ成分でありながらジェット噴射式のエアゾールになっているのはリアップジェットです。
頭皮に押し当てて噴射すると爽快感があります。
エアゾールタイプの場合には噴射する量の調節が難しそうに感じますが、この商品の場合には1回の使用量を使うとロックがかかるようになっています。
ですから、使いすぎる心配もありません。

リアップX5プラスは新しい商品であり、ミノキシジルが含まれるのは同じですがピリドキシン塩酸塩が含まれることによって皮脂をコントロールできます。
また、皮脂の酸化を防いで頭皮を保護するトコフェロール酢酸エステルなども含まれています。

他にも女性の薄毛に対して効果を発揮するリアップリジェンヌもあり、ラインナップの充実した育毛剤であるといえます。
どれも優れた効果がありますが、副作用には気をつけなければなりません。
副作用を知らずに使い始めると、思わぬ症状に見舞われることもあります。

リアップの恐ろしい副作用

リアップにはミノキシジルの作用で発毛効果がありますが、副作用の報告もあります。
育毛剤の中でも第一類医薬品に含まれるものは一般用医薬品の中でもっともリスクが高いとされています。
そのため、薬局などで購入できる商品ではありますが、薬剤師の立ち会いのもとで本当に使用できるかのチェックを行ったり、副作用についての説明をしっかりと受けた後でしか購入できないようになっています。

皮膚に起こる副作用は、頭皮の発疹やかゆみ、かぶれなどです。
頭皮に火照りを感じる人も多く、熱感によって不快に感じることもあります。
火照りや皮膚の変化は自分でチェックするだけでも分かりますので、異変が現れてきたら直ちに使用を取り止めなければなりません。

血管拡張作用がありますので、血圧が低下する人もいます。
循環器系では他に心拍数の増加が起こったり、酷い時には心筋梗塞が引き起こされるケースもあります。
心筋梗塞となるとかなり重篤な副作用に入りますので、十分に気をつけなければなりません。

神経系の異常では、頭痛やめまい、胸痛が起こります。
どれも心配な症状ではありますが、その中でも胸痛が起こるとかなり不安が出てきます。
これらの症状は誰にでも起こるわけではありませんが、万が一起これば重篤な症状につながる恐れもありますので、副作用の起こる可能性が低い医薬部外品に切り替えるのも一つの方法です。

実際に副作用が起きた人の確率を見てみると、軽いものから重いものまで全てを含めて約10%弱に発生しています。
長い間利用しても全く副作用の出ない人もいれば、使い始めたらすぐに副作用が出てしまう人など色々ですので、自分に合っているかを確かめながら利用しなければなりません。