女性用育毛剤と女性

育毛剤というと男性のイメージがありますが、今続々と女性も使える育毛剤が増えてきています。男性が使う育毛剤と女性用の育毛剤には配合している成分が異なります。薄毛や髪のボリュームが気になった女性必見です!

眉毛を生やすには育毛剤を使えばいいの?

女性のまつ毛動物のようにふさふさではないにしろ、人間の身体にも皮膚を守るため・ゴミや汗から体を守るためにもさまざまなところに毛は生えています。
とはいえ、美容の観点から見ればツルツルにしたい部分もあればもっと増やしたい部分もあるでしょう。
眉毛は薄いよりもきちんと形良く生えているのが理想です。
ですが遺伝により、おしゃれのためにと抜きすぎた結果、薄くなっている人もいるでしょう。
そんなときにさまざまな種類がある頭髪用の育毛剤を試してみたくなるかもしれませんが、効果がないばかりかトラブルが起きて更に減ってしまう可能性もあるので絶対使用はやめてください。

眉毛を濃くするための育毛剤の場合、男性ホルモン・テストステロンが主剤とされています。
男性ホルモンには体毛を濃くする役割があり、頭髪以外の毛に影響を与えるのです。
眉毛だけでなく髭やもみ上げ・胸毛・体毛も濃くなる効果があります。
一方で、髪の毛の質に大きくかかわってくるのが女性ホルモンです。
男性は部分的にあるいは全体的にはげてしまっている方もいますが、女性で脱毛症の方が少ないのは女性ホルモンを持たない女性はいないためです。
髪の毛を美しく保つためには女性ホルモンを、眉毛をしっかり生やすには男性ホルモンを取るようにしましょう。
太くて濃い眉毛は男性らしさの象徴でもあります。

それに、髪の毛用の育毛剤というのは頭皮に塗るために開発されたもの。
眉毛付近というと皮膚が薄くて敏感な部分です。
それに、髪の毛用の育毛剤の場合にはアルコールやメントール成分が多く含まれているためかぶれたりお肌が荒れたりする可能性もあるのです。
栄養が届けられる・血行が促進するといった良い作用もあり、付けることで眉毛がふさふさになったという方だっていないわけでもないでしょう。
ですが、それ以上にリスクが大きすぎるのです。
眉毛専用の育毛剤というのもさまざま販売されているので、お肌のためにも効果を得るためにもぜひこちらを購入してください。

眉毛育毛のオススメはこれ

眉毛用育毛剤としておすすめの商品がいくつかあります。

1つ目は「ペレウス」です。
ペレウスは第1類医薬品です。
有名医薬品メーカーの森下仁丹が生み出しています。
それだけでも効果のほどは期待できるでしょう。
ペレウスの主成分はメチルテストステロンです。
ペレウスを1日1回から2回塗るだけで男性ホルモンが増え、育毛効果が出てくるのです。

「ルチア」もおすすめです。
ルチアは1ヶ月の服用で濃さが実感できると評判です。
東急ハンズの渋谷店でもルチアは目元アイテムロングセラー商品の第1位に選ばれました。
米ぬかから抽出されたイノシトールが配合されておりお肌にも優しい成分でできています。
ルチアはチューブタイプで洗顔後に指で塗りこむタイプとなっています。

「トミーリッチ 薬用maU育毛エッセンス」はいかがでしょう。
トミーリッチ 薬用maU育毛エッセンスは筆ペンタイプになっています。
トミーリッチ 薬用maU育毛エッセンスの主成分はグリチルリチン酸2K。
1日2回程度塗るだけで発毛効果があります。
皮脂分泌をコントロールするので脱毛も予防します。
トミーリッチ 薬用maU育毛エッセンスは筆ペンタイプなので生え際・産毛にも付けやすいのが特徴です。

使い方はそれぞれ異なるものの、ペレウス・ルチア・トミーリッチ 薬用maU育毛エッセンスのいずれも育毛効果も高く、使いやすく、安全性も高く、と人気のものばかりです。
薄くて敏感な目の周りの皮膚ですからきちんと専用のものを使用するようにしましょう。
いずれの商品もお手軽価格なので実際に試してみてからお気に入りの一本を見つけてみてください。
おしゃれのためとはいえ、必要以上に抜いてしまうのもやめておきましょう。