女性用育毛剤と女性

育毛剤というと男性のイメージがありますが、今続々と女性も使える育毛剤が増えてきています。男性が使う育毛剤と女性用の育毛剤には配合している成分が異なります。薄毛や髪のボリュームが気になった女性必見です!

市販で買える女性用育毛剤の中でおすすめは?

女性のための育毛剤を試すなら市販の人気商品がおすすめです。
効果が高いものほど人気がありますし、リピーターが多いので口コミも増えます。

資生堂アデノバイタルはボトルのたたずまいも美しく洗練されていて、市販の育毛剤の中でもデザイン性が高く、高品質と信頼のある資生堂が取り扱っている製品であることからも高い人気があります。
スカルプエッセンスやスカルプトニックも販売されており、ニーズやシーンに合わせて商品選びができます。

アイラッシュせラムは特に高い人気があります。
シャンプーやトリートメントと合わせて利用すれば効果が高くなります。
薬用有効成分アデノシン配合で育毛成分が毛先と根元に浸透します。
頭皮環境を整えて発毛を促進してくれます。
美容院でも資生堂アデノバイタルを進めているところが多く、さっぱりした使い心地の育毛剤として女性に支持されています。
スプレー式なので使いやすく、お値段もお手頃価格なのが魅力です。
頭皮がすっきりすると評判で、頭皮にトラブルがあった人でもふけやかゆみが気にならなくなります。
ピンポイントで付けられる便利な育毛剤で、爽快感があり、髪質が太く黒く元気になると高評価を受けています。
抜け毛や白髪が目立たなくなるというところが口コミでも話題となっており、分け目やつむじの薄さが気になる女性におすすめの育毛剤です。
資生堂アデノバイタルはシンプルなシルバーのボトルで、市販の育毛剤とは違い、化粧台に置いておいてもおしゃれに見えます。

インセントトニックが250g800円、スカルプケアトニックのバイタリズムが150ミリリットル2500円、モルティ薬用育毛ローションが180g1000円という値段と比較すると資生堂アデノバイタルは180ミリリットル2500円と高額ですが、人気ランキングにランクインしていますのでハリ、コシ、ボリュームともにケアできる育毛剤として、資生堂の品質を高く信頼されていることがわかります。

育毛剤と育毛シャンプーの違い

資生堂アデノバイタルはトニックが遺伝子に働きかけて髪のエイジングを予防してくれる育毛剤で、エッセンスがアデノシンで育毛をサポートし、オノニスやシソエキスがキューティクルを保護してくれます。
シリーズで利用するとマルチサポートが可能になり、女性用の市販の育毛剤の中でも高い効果が期待できます。

モルティも薬用育毛剤で、ツムラバスクリンの女性用で一番人気です。
生薬エキスのショウキョウとセンブリが配合され、保湿成分としてホホバオイルやアロエエキスが配合されています。
20代から30代に人気で、抜け毛予防対策で利用されています。

インセントはバスクリンが販売している薬用育毛トニックで、グリーンのシャープなデザインボトルが魅力です。
価格が手ごろでアルコール成分が多いので清涼感はありますが、薄毛対策としてはあまり期待できません。
30代の女性がスタイリング剤として利用しているのが一般的です。

皮膚科医の友利新さんが開発したバイタリズムはスカルプケアトニックです。
業界初の成分ピロミジールが配合されているのが特徴で、アロエベラ、オタネニンジン、しょうがエキスなど頭皮環境を整える成分がたっぷり配合されています。
メントールが含まれており爽快感もありますが、血行促進効果が高いですが、育毛効果としてはそれほど期待できません。
市販のインセント、バイタリズム、モルティともに人気商品で何を選んでいいのかわからない方にお勧めの育毛剤です。
インセント、バイタリズム、モルティともに資生堂アデノバイタルのようなしっとりとしたテクスチャではないので、マッサージにも使いにくく使用感の心地よさが魅力となっています。
頭皮の汚れや余分な皮脂を除去して頭皮環境を整えるのは本来育毛シャンプーの役目ですので、インセント、バイタリズム、モルティを使っても頭皮環境を良い状態にするだけになります。
育毛剤としては資生堂アデノバイタルのように栄養分を補い、血行を促進させる働きが必要です。