女性用育毛剤と女性

育毛剤というと男性のイメージがありますが、今続々と女性も使える育毛剤が増えてきています。男性が使う育毛剤と女性用の育毛剤には配合している成分が異なります。薄毛や髪のボリュームが気になった女性必見です!

ジェネリックを使ってAGAの費用を安く抑える

プロペシア
◎おすすめ先発医薬品

男性ホルモンの乱れによってなってしまうAGAを効果的に治療する方法は、医療機関を受診して薬を処方してもらうことになります。
一般的に治療のために医師から処方される薬は、万有製薬から販売されているプロペシアが多いです。
プロペシアはAGAの元になる男性ホルモンの過剰分泌を抑える成分を含んでおり、AGAの改善に有効な成分のフィナステリドも豊富に配合されています。

プロペシアを販売している万有製薬は厚生労働省から医薬品の認可を受けているので、長く飲み続ける薬としては安全です。
しかし、こちらの薬の単価が高いので、一カ月で一万円近くのお金を出費することになります。
そうなると年間の費用は、十万円以上と高額になってしまいます。
金額を抑えてAGA治療を行うには、正規の薬よりも単価が安いジェネリックを使うことがおすすめです。

プロペシアのジェネリックにはエフペシアと、フィンペシアという二種類の薬があります。
どちらもプロメシアに含まれるフィナステリドの成分を含んでいるので、単価が安いからといっても同様の効果をエフペシアとフィンペシアは持っています。
エフペシアとフィンペシアを販売してる会社は、インドで展開している大手製薬会社シプラ社から販売されている薬です。
このジェネリック薬品にした場合の費用は、百錠で三千円程度とかなり値段が抑えられます。

フィナステリドの成分を含んでいることで共通しているプロペシアのジェネリックであるエフペシアとフィンペシアですが、体への安全性から考えて服用するならエフペシアの方が良いです。
フィンペシアは発がん性のあるコーティング剤を使用しているので、飲むことで病気になってしまう問題点があります。

プロペシアのジェネリックであるエフペシアは、服用方法は同じように一日一錠を忘れずに飲むようにするだけです。
AGAを一錠の薬で改善できることが期待できるので、悩んでいる人は早期に医療機関を受診して処方してもらうようにしましょう。

ジェネリック医薬品の入手は通販から

AGAはホルモンの関係でなってしまう症状となるので、それを改善する成分であるフィナステリドを含んだ薬は一般のドラッグストアでは入手できません。
医師に診てもらって処方してもらい、薬局で処方してもらわなくてはならない専門的な薬です。
相手が医師であってもAGAであることを他人に知られたくない人は、受診して処方してもらうことに抵抗がある人もいます。

他人に知られずにプロペシアに含まれるフィナステリドの成分が配合されているジェネリックのエフペシアを入手したいと思う場合には、医療機関を介さないで個人輸入か通販で購入する方法があります。
個人輸入というと違法な方法かと考えてしまいますが、そんなことはなく法律的にも認められた正当な入手方法です。
エフペシアを販売しているのはインドの大手医薬会社なので、個人輸入がしやすい薬となります。

個人輸入の場合のデメリットとしては、代行業者を使うことになるので手数料がかかる点です。
業者の中には悪質な所もあるので、実際は依頼した品でない粗悪品を渡す恐れもあります。
信頼できる方法で買うのなら、通販サイトの利用が合っています。
通販サイトも手数料がかかりますが、個人輸入よりも安全性があるので海外のジェネリック医薬品を入手するなら、こちらの購入方法を選びましょう。

通販サイトを利用してジェネリック医薬品を入手するのは、医療機関の診察代金がないので経済的な負担が少なく済ませられます。
医師に診てもらい処方箋を出してもらうと、数千円はかかるので薬の本体価格以外の出費となってしまいます。
通販サイトからの入手は手数料が千円以下となるので、他人に知られずにAGA用の薬を手に入れられる上にお財布の負担も少なくできます。